このページの本文へ移動

安中市病院事業|公立碓氷病院

TEL:027-385-8221
〒379-0133 群馬県安中市原市1丁目9番10号
部門のご案内

看護部

看護部理念・目標

看護部理念

笑顔と親切、感謝の心で人に信頼される看護を提供する。

看護部目標

  • 相手の立場に立ち、その人らしさを尊重し、やさしく、ていねいに対応する。
  • 事故防止に努め、患者様の安全を守る。
  • 院内外の他職種と連携を図り、患者様中心の看護を提供する。

看護部長挨拶

看護部長 須賀智恵子

看護部では、病院の理念に基づき、笑顔を忘れず思いやりの心を持ち、安全と安心、信頼を高める看護を提供していきたいと考え、地域の皆様に「この病院に受診してよかった。」「入院してよかった。」と思っていただけるような看護サービスをめざしています。

また、当院には地域包括ケア病棟がありますので、入院生活から在宅復帰に向けての支援などを多職種とともに行うことで、地域包括ケアシステム構築の一端を担うことができるよう努めていきたいと思っています。

私たち看護部は、当院が地域で果たす役割を念頭におき、専門職として常に学ぶ心をもって日々研鑽に努め、患者様に満足していただけるよう看護の質の向上に向けて努力していきます。

看護部長 須賀智恵子


看護部紹介

外来・手術室

外来

外来では、「患者様の安全に配慮し笑顔で優しく寄り添う」をモットーに地域医療に取り組んでいます。
外来内には、化学療法室が設置されており、落ち着いた雰囲気の中でリラックスしながら治療を受けていただいています。

手術室

手術室では主に乳腺・甲状腺外科、口腔外科の手術を行っています。患者様の安心安全を心がけ、スタッフ全員で協力し合い、看護にあたっています。

3階病棟(地域包括ケア病棟)

ベッドサイドでのリハビリの様子リハビリカンファレンスの様子

  • ベッドサイドやリハビリ室で患者様の状態に合ったリハビリを行っています。
  • 入院中の治療や安静のため、日常生活動作の低下などがみられ、介護が必要になった場合、在宅支援に向けて社会福祉士、理学療法士、看護師でカンファレンスを行います。そこで情報交換を行い、介護支援専門員(ケアマネージャー)とも連絡をとりあい、ご本人とご家族にとって一番良い環境を整え退院できるよう援助しています。

入院後、急性期治療を終えた患者様のリハビリや介護サービスの調整など、自宅へ帰る前の準備をする病棟です。ご本人、ご家族の方が安心して退院できるよう退院支援につとめています。

また、介護者の支援を目的としたレスパイト入院の受け入れも行っています(詳細はこちらをご覧ください)。

4階病棟

クリーンルームの様子

化学療法に適したクリーンルーム

4階病棟は、看護配置10対1、50床の一般病棟で、当院に入院する一般内科、血液内科、一般外科のほとんどの患者様を受け入れる病棟です。

血液内科では西毛地区からの紹介患者様が多く、この地区の治療を担っています。また、クリーンルームが4部屋4床あり、化学療法に対応しています。

一般内科、一般外科では開業医様からの紹介も含め、地域住民の方々の入院治療や、高度先進医療病院と連携し、治療後の患者様を受け入れています。そして、退院に向けての方向性を考慮し、個々に応じた退院支援を行っています。

スタッフ一同、患者様が安心して安全な入院生活が送れるよう、看護サービスの向上につとめています。

療養病棟

療養病棟レクレーションの様子療養病棟病室

療養病棟ホール療養病棟スタッフ

療養病棟は、病状が安定している患者様に療養上の管理や看護を行う病棟です。当院の療養病棟は医療保険型でベッド数は50床です。

主に透析や中心静脈栄養、酸素療法、人工呼吸器を必要とする患者様が全体の50%を占め、医療度の高い病棟ですが、生活の援助やレクレーションにも力を注いでいます。

病院の中にいても、季節を感じていただけるような季節感あふれる飾り付けや楽しいレクレーションで、患者様が笑顔いっぱいの療養生活が送れるよう、看護師と介護スタッフが力を合わせ、全力で頑張ります。

透析室

私達、透析看護師は「患者様が安心して安全な透析を受けられる」をモットーに日々精進しています。アットホームな雰囲気を大切に、患者様に寄り添いながら思いやりのある看護を心がけています。